国盗り物語【司馬遼太郎】

国盗り物語は歴史小説の鬼才と呼ばれた司馬遼太郎氏の作品で、斉藤道三編と織田信長編の二構成で成り立っています。
小説としての評価ももちろん高いですし、後に大河ドラマ化したことも有名な作品と言えるでしょう。

斉藤道三よりの視点

斉藤道三編と織田信長編という構成になっていますが、基本的に斉藤道三寄りの視点で描かれていることが最大の特徴と言えるのではないでしょうか。
第一部はもちろんですが、織田信長編でも斉藤道三の甥でもある明智光秀の視点で信長を語るという図式で話が進んでいきます。

ストーリーは一介の油売りから美濃一国を支配した梟雄斉藤道三の生涯を描いています。
資産を築くことはもちろん知略にも長けていた斉藤道三は謀略の限りを尽くして美濃を手中におさめ戦国一の梟雄として名を馳せることになります。
織田信長編もあるのは信長が斉藤道三の娘である濃姫を正室とした事実があるからでしょう。

作中での織田信長は斉藤道三から引き継いだ革新的な考えを武器に着実に天下取りを進めようとします。
一方で斉藤道三の甥であり信長の家臣として仕えるようになった光秀は部下を使い捨てるように扱う信長に対し表面上は従っているものの反感を強めていきます。
やがてそんな彼の思いは爆発し、本能寺の変という形で決着がつくことになります。

歴史好きなら読んでおきたい一冊

織田信長の視点で物語が進む作品はこれまで数多くありましたが、斉藤道三に脚光を当てた作品というのは意外に少ないのではないでしょうか。
しかし、斉藤道三は織田信長に勝るとも劣らないほどの知略、武略の持ち主ですし、何より戦国時代屈指とも言われる梟雄であもります。
そんな彼に焦点を当てているこの作品は歴史好きなら必ず一度は読んで欲しい一冊ですし、読み終わったあとには今まで抱いていた斉藤道三のイメージも変わるのではないでしょうか。

織田信長に関してはこれまで様々な作品でも描かれてきた通りの人物として扱われています。
傍若無人かつ大胆不敵、常に先を見通す力があり年功序列ではなく実力主義を尊ぶ人物として描かれています。
しかし、多くの作品では織田信長と斉藤道三の絡みは最低限に抑えられていますし、それを考えるとこの作品は信長と光秀、そして道三という戦国時代を駆け抜けた武将三人の絡みをクローズアップしていますから、そうした意味でも楽しめる作品と言えるのではないでしょうか。

司馬遼太郎氏ならではの臨場感と緊迫感溢れるタッチは絶妙ですし、是非読んでいただきたい作品です。
これまで司馬氏の作品を数多く読んできたという方にもお勧めできますし、初めて司馬作品にチャレンジするという方にもお勧めできる一冊です。
是非読んでみましょう。