清須会議【三谷幸喜】

清州会議は三谷幸喜氏によって執筆された歴史小説で、その後映画化もされました。
清州会議というのは歴史上実際にあったことであり、明智光秀の謀反によって織田信長が討たれたのち、これから先の織田家をどのようにするべきかということを織田家重臣たちによって話し合った会議のことを指しています。

珍しい織田信長亡き後のお話

数多くの歴史小説がありますが、清州会議に焦点を当てた作品は珍しいと言えます。
織田信長による天下統一への軌跡を描いた作品や、明智光秀の苦悩などに焦点をあてた作品は多いものの、織田信長亡き後にまでクローズアップした作品は少ないのです。
また、織田信長亡き後を描いた作品の多くは豊臣秀吉の天下取りからスタートすることが多く、清州会議には深く触れられていないことが殆どですから、そうした意味でも同作品は非常に貴重な小説と言えるのではないでしょうか。

おおまかなあらすじとしては、織田信長亡き後も織田家の人間を主君として盛り立てていこうとする柴田勝家と、天下取りを虎視眈々と狙う羽柴秀吉、のちの豊臣秀吉が対立していきます。
織田家の宿老であり戦場では無類の強さを誇った猛将柴田勝家ですが、駆け引きや人心掌握という面では羽柴秀吉に大きく後れをとってしまいます。
清州会議を開いた張本人でもあり、織田家を守ろうと考えていますが、信長に反旗を翻した光秀を打ち取った秀吉の発言に段々と押されるようになってしまいます。

おススメポイント

清州という名古屋市民にとってはおなじみの場所が舞台となっていますから愛知県民や名古屋市民の方だとそれなりの感情を持って読めるのではないでしょうか。
また、前述したように清州会議に焦点を当てた作品というのはそれほど多くありませんし、それぞれの武将の内面的な葛藤などが描写されているためこれまでの歴史小説とは違った視点で読み進めることもできるでしょう。
これまで織田家の猛将として幾度もの戦いを勝ち抜いてきた柴田勝家や槍の又三と言われた前田利家、のちの豊臣秀吉、名軍師黒田官兵衛など歴史好き、織田家好きには堪らない数々の武将が登場します。

また、その織田家が崩れていくさまも描かれていますから、滅びの美学を好む方にも最適な一冊かもしれません。
心理的な駆け引きなどが多く描写されていますから難解な部分もありますが基本的には面白く読み進めることができるでしょう。
今までとはちょっと違った歴史小説を読んでみたいという方にもお勧めの一冊です。

公開された映画も大ヒットとなっていますが、原作とやや異なる部分などもあるためまずはこちらの原作を読んでから映画を楽しむことをおススメします。
原作をしっかり読み込んでから映画を観るとより楽しむことができるでしょう。