愛知の言葉遣い

他県では伝わらない?

愛知県では独特の言葉遣いをしており、他の地方にお住まいの方にはうまく伝わらない場合もあります。
厳密には名古屋や三河など地域によって言葉遣いが異なりますが、愛知県全域で使われている言葉としていくつかご紹介します。

参考:愛知の言葉

・でら
「とても」「ものすごく」という意味の言葉ですが、愛知県の人同士の会話ではよく登場しますが、他県の人と会話をする際にはあまり使いたがらないケースが多いです。
元々は「どえらい」が略される形で「でら」になったと言われていますが、「でーりゃー」が略されたものだとする説もあります。
昔からある言葉ではなく、比較的若い世代がよく使っている言葉として知られています。
(例・でらうま=とても美味しい)

・まわす
「ぐるぐる回す」という意味ではありません。
愛知では「用意する」「準備する」という意味になります。
(例・車まわして=車を用意して)

・たーけ
「たわけ」という言葉がくだけた言い方で、「ばかもの」という意味になります。
時代劇を見ているとよく「たわけもの!」と怒っている様子をご覧になったことがありませんか?
愛知の人から「おみゃー、たーけだな!」と言われたらバカにされているのだと思ってください。

・どべ
順位をつける時によく用いられる言葉で、「最下位」という意味があります。
徒競走で「何位だった?」と聞いて「どべ!」と答えられたら、頑張ったねと褒めながら慰めてあげましょう。

・ぎゃあつくぎゃあつく
何となく想像できますが、「ガミガミ」という表現が「ぎゃあつくぎゃあつく」という言葉として表現されます。
「ぎゃあぎゃあ」と言う人もいますが、より印象に残る言い方としては「ぎゃあつくぎゃあつく」の方が優勢です。

・しりこぷた
「けつこぶた」と言う人もいますが、おしりのことをさします。
「けつ」は他の地方でもおしりを指す言葉として通用しますが、「こぶた」は子豚のことではなく、「こぶ」のことをさしています。
いつのまにか「けつこぶた」が「しりこぷた」に変化していったといわれています。

・ほりゃほーだ
「ほ」を「そ」に変えると意味がわかると思いますが、「そりゃそーだ=それはそうだ」という意味になります。
他にも「そうだね」が「ほうかね」、「田中さん」は「田中はん」と愛知に限らず関西方面ではさ行がは行に変わって発音される場合が多いです。

このように愛知には他県の方には伝わりにくい方言が複数存在しています。
聞き慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、ぜひ参考にしてください。