愛知県の結婚式

愛知の派手婚もいまでは

wedding
愛知県在住の女性です。
愛知県で行われる結婚式は、昔から、とてもお金をかけるということで、有名でした。

他の地域と比べて、大金をかけ、とても派手な結婚式を行う風習のある地域だったのです。
このような、豪勢な結婚式の資金の多くは、やはり親が用意していたようです。

しかし最近では、さすがに、愛知県でも誰も彼もが、大金を注ぎ込んだ豪勢な結婚式が出来るような状態ではなくなってきたようです。
不景気もさることながら、芸能人の間でも、挙式は挙げないというカップルも増えてきて、また地味婚が良いとされるような風潮が出来てきましたので、そういった背景から、愛知県での結婚式でも、必ずしも、派手婚ではなくなってしまったようです。

しかし、とはいえ愛知で結婚をするなら、式に見劣りしないきちんとした内祝いを贈るのがおすすめです。
どんなギフトにしようか迷って決められない場合は下記のようなカタログギフトを贈るというのもひとつの手です。
参考:大丸松坂屋オンラインショッピング

結婚式の風習

愛知県の結婚式では他にもユニークな風習があります。
それは、「菓子まき」です。

これは主に、昔でしたら、結婚をした家(民家)の屋根の上に、親族が上がり、そこからお菓子を、結婚式のゲストにまき散らして、もらって頂くというものです。
屋根の上でなくても、2階の窓などからも、お菓子が投げられました。

このため、結婚式のために、わざわざお菓子を大量に注文して、用意するのが当たり前だったようです。
こういった風習も、住まいの変化(民家ではなくマンションであるなど)も増えたこともあるとは思いますが、昔よりは、行われなくなってしまったようです。

しかしお菓子まきは、今でも、する人はします。
以前、結婚式場の見学にまわっている時に、貸切で結婚式を行うゲストハウスも見学をしました。

そちらのゲストハウスでは、カップルが行いたいことを、なるべくなんでもやらせてくれるということを売りにしていたのですが、一軒家タイプであることを利用して、この昔ながらのお菓子まきを行いたいというカップルも、過去にいたそうです。

そして2Fから、お菓子がたくさん、ばらまかれたそうで、ゲストのみなさんも、喜んでいたそうです。
ですから、昔懐かしいこのお菓子まきを行いたいカップルは、ゲストハウスを検討してみるのも良さそうですね。

私が子どもの頃の思い出として、この、結婚式のお菓子まきは、とても強く印象に残っています。
もちろん、子どもだったので、お菓子が単純に好きで嬉しかった、ということもあるのだと思いますが、やはり、あの楽しげな雰囲気が、印象に残っている理由だと思います。

結婚式は、おめでたいことです。
お菓子まきは、その、おめでたい雰囲気を、ゲストのみなさんにも味わってもらおうという、昔ながらの心遣いが片影されていたのではないかと思います。

そしてまた、地域の皆さん、近所の方たちに、お嫁さんのお披露目の意味合いもあったのだと思います。

その証拠に、そのお菓子まきには、結婚式に参列した人以外にも、近所の人が誰でも参加出来るようになっていました。
ですから、母や祖母が、そういった情報を聞きつけて、私をお菓子まきに連れていってくれたのでした。