愛知の仕事、労働、企業

大企業の本社が集まる土地

愛知は中京工業地帯の中心地であるため産業が大変活発です。
トヨタ自動車をはじめ自動車関連産業が盛んですが、もちろんそれだけではありません。

【愛知の求人状況】
ハローワークインターネットサービス
全国の求人数 538,232件 / 愛知県の求人 21,971件 ( 全国比 4% )

主要な求人数の比率からも見て取れるとおり、名古屋鉄道、中日新聞、東海旅客鉄道、中部電力などのローカル企業が好調なのはもちろんパロマ,リンナイ,松坂屋, ホシザキ電機,フジパンなどさまざまな業界のリーディングカンパニーも多数本社をおいています。

豊田市というのは昔は挙母(ころも)市という地名だったのですが、車のトヨタで有名になったので、今は豊田市という名前になったほどです。
周辺の市でも車のシートを作っていたり、アクセルを作っていたり、ブレーキを作っていたりと関連会社がたくさんあります。
ですから、仕事というと車関連の仕事が非常に多いです。
そして、働き方としては正社員以上に契約社員や派遣社員という働き方が多いのも実情です。

派遣社員が多いという実情

製造メーカーである以上、どうしても変動が激しく、特にトヨタ自動車というのはカンバン方式といって在庫をもたない独自のビジネススタイルで成長してきた企業といっても過言ではありません。
ですから、その変動に対応するために請負の方であったり派遣の方が中心となっている部分が多分にあります。

先のリーマンショックのときにはその派遣切りというのをドラスティックに行ったことにより、社会問題にまで発展していました。
そのとき、愛知県内のアパートはかなりの空き室がでたという話を聞きます。

派遣社員の方というのは、部屋も借りられるという条件で全国各地から出稼ぎのような形ででてきていた部分も大きいので、仕事がなくなった途端に家までなくしてしまうという人がでてしまうのです。

リーマンショックのときよりはだいぶマシになって最近は少しずつ求人も増えているといいますが、やはりリーマンショックのときのことを教訓にしているせいか、トヨタ系の企業ではなかなか派遣社員を雇わなくなってしまったという話も聞きます。
とはいえ、車を中心にいまだ発展途上の土地ですからこの少子化の時代に教員が不足していたり中学校が新設されているところもあるようで、仕事は何かしらできる土地ではないかという印象をうけました。

もちろん愛知は車だけの町ではありません。
東海地区の中心ということもあり、名古屋はたくさんの企業が入ったビルであふれています。

百貨店や商業施設も名古屋にはたくさんありますので、比較的就職しやすい土地といえるでしょう。
最近では、企業誘致に成功させるために活動している自治体も多くあるということで、これからもますます発展することが予想されます。

医療に関しても続々と求人情報が出てきています。
なかでも最近多いのは看護師の求人情報です。
医療設備の整った大きな病院も出来ている事ですし、求人情報が出ることで愛知に移り住んでくれる方が増えてくれると嬉しいです。

ただ、工業が発達する際に気をつけなければいけないのが環境問題です。
企業としては、労働力を確保したり、利潤を求めるだけではなくて社会貢献の部分まで考慮したうえでの活動を行っていく責務を背負っています。
もともと愛知県は緑豊かな土地ですので、その土地開発だけにいそしむのではなく、環境も大切にしながら、緑豊かな土地と共存する形で住民、企業と発展していくのが理想の形ではないかなと感じています。

今後はそうあってほしいと思います。