産業観光施設~伝統~

伝統のものづくり

愛知県と言えばどうしても自動車のイメージがかなりあるかもしれませんが、実際にはそれだけではなく、様々な物を作っています。
中には日常生活にかなり身近な物を作っている場合もあり、知らないうちに実は愛知県で作られた物を作っている場合も少なくありません。

それは伝統の分野でも同様の事を言う事が出来ます。
日常生活、つまり衣食住に関わる産業に関しても愛知県では力を入れています。
それを実感できる産業観光施設も多数あるので、様々な工芸品を作ってみたり、また昔から続く伝統の味を堪能してみるのもまたお勧めです。

さて、そんな愛知の伝統を体験できる産業観光施設と言えば、まずは焼き物を体験できる瀬戸蔵ミュージアム、INAXライブミュージアム、ノリタケの森クラフトセンター等でしょうか。
愛知県は実は焼き物も多く作っていて、有名な食器や便器なども多数作っています。
それぞれの施設で実際に焼き物を作ったり、また焼き物の製造行程などを知る事も出来るようになっているので、体験でも見学でも楽しむ事が出来る場所です。

食の伝統

味の伝統を感じるのであれば、博物館「酢の里」、盛田味の館、八丁味噌の郷等がお勧めの場所でしょう。
愛知県の味として有名なのは八丁味噌ですが、それ以外にも様々な調味料を作っています。
また工場でオートメーション化された状態ではなく、昔ならではの製造工程を実際に見る事が出来るのでなかなか面白い場所です。

さらに見るだけでなく、実際に売店ではそこの製品も販売しているので興味がある人はお土産としてそれを買う事もできるし、実際にそれを利用した食事を食べる事が出来る場所もあるので、そうい所に行ってみても良いでしょう。

愛知の伝統を感じてください

それ以外にも有松絞や小原和紙などを体験できる施設もあり、そういうところに訪れてみると愛知の産業は自動車だけではないという事がより理解してもらえるのではないでしょうか。
もし愛知県に来る事があったら、このように伝統を五感で感じる事が出来る産業観光施設に行ってみるのもお勧めです。

昔ならではの製造方法に拘りを持った場所も多数あり、現在と過去がうまく融合してものづくりが行われているのを直接見る事が出来るでしょう。
愛知と言えばどうしても機械・自動車というイメージがあるので伝統工芸などに関してはあまり有名ではないかもしれませんが、実際にはそれらは現在でも続いている産業です。
そういう伝統があってこそ、今の愛知県の産業が成り立っていると言っても良いでしょう。