トヨタ自動車について

トヨタの歴史

車のメーター
日本の自動車メーカーは色々とありますが、その中でも有名でそこの車に乗っている人も大勢いるメーカーの一つがトヨタ自動車です。

本社は愛知県豊田市トヨタ町にありますが、この社名は地名から取られた物ではなく、創業者の苗字から取られています。

愛知県豊田市は、もともとは挙母市という名前でしたが昭和34年に改称されました。
トヨタの歴史はかなり古く、もともとは豊田佐吉が創業した豊田自動織機に開設された自動車部がその起源です。

ちなみにもともとの名前は「トヨタ」ではなく「トヨダ」だったのですが、昭和11年の時に社名が変更されました。
さて、現在トヨタ自動車では多数の自動車を販売しています。
ハイブリッドカーなどの研究も参観に行われていて、環境にかなり配慮している自動車メーカーだと言っても良いでしょう。

人気車種

中でもプリウスは現在普及しているハイブリッドカーの走りとしても有名で、今でもその代名詞となっています。
それ以外にも小型車から大型車まで多数の車を取り扱っている事、さらに燃費の面から言ってもなかなか良い点などから日本国内のみならず海外にもトヨタ車のファンはいる状態です。

またここ数年ファミリー層で利用者数がかなり増えてきているミニバンやワンボックスですが、海外でもかなり人気があり中古車も多数流通しています。

しかし、トヨタもいつも業績が良いかと言ったら決してそうではなく、リーマンショックの時は大打撃を受けてしまいました。
ただその状態はいつまでも続く訳ではなく、企業努力などによって持ち直し、現在に至っています。

さて、トヨタ車として有名な車種の一つがカローラでしょう。
トータルバランスが取れている車として、様々な人から支持され日本国内でも多くの人がカローラやそのカローラフィールダーなどに乗っています。

またそれ以外にも多く流通している車があり、レクサスや86などスポーツタイプの車も人気があるし、デザイン性がとても高い車も多数販売されているのが現状です。

現在でも多くの車がモデルチェンジ、フルモデルチェンジをし多くの人に愛されています。
ちなみにトヨタですがやはり豊田市や愛知県にとっては親しみがある会社とも言えるので、現在愛知県内で走っている車は多数トヨタ車が走っています。

だからちょっと気にして周りを見てみると多くの車がトヨタのエンブレムを着けて走っていると言っても過言ではありません。
それくらい人気があり、また技術力も、そして実績もある会社がトヨタ自動車と言って良いでしょう。