名古屋のご当地名物

名古屋の喫茶店もモーニング

名古屋は食の宝庫です。
名古屋のご当地名物は、全国的にも有名ですが、美味しい!けれど、一風変わっていると言われてしまうものが多いですね。
我々、名古屋地元民にとっては極普通のものなのですが、他の県の方からはユニークと言われたり、そんな食べ方は普通、しないと言われてしまいます。
そんなご当地名物をご案内したいと思います。

まずは、名古屋の喫茶店の朝食、名古屋モーニング。
名古屋の喫茶店で、コーヒーを頼むと、もれなくセットで付いてきます。
トーストに茹で卵に、小倉餡がセオリー。

初めて名古屋でモーニングコーヒーを頼んだ方は、本当にビックリするらしいです。
コーヒーしか頼んでないんだけど…と。

しかも、驚きなのが、コーヒー一杯の価格でお勘定が済んでしまうところです。
また、トーストになんで餡こなの?朝から餡?と驚かれる方も多いみたいです。

私たちからすれば当然なのですが、お土地柄って面白いですね。
ちなみに、現在では、喫茶店ごとに様々なサービスが繰り広げられており、卵料理もスクランブルエッグが選べたり、ジャムトーストやシュガートースト、ふわふわのイギリスパンやサクサクのクロワッサンだったり、サラダやヨーグルトが付いたりと、盛りだくさんの楽しい朝食となっています。

お好みの喫茶店のモーニングメニューを探してください。

まだまだある名古屋のソウルフード

そして、もう1つ、驚かれる名古屋名物が「あんかけスパ」です。
スープスパゲッティと呼べば洒落ているのですが、名古屋では、なんと言おうが、あんかけスパゲティです。

しかも、具材もお洒落な感じではなく、ウインナーやピーマン、タマネギなど昭和の香りのするものがメイン。
少し太めのスパゲッティを油で炒め、そこに、胡椒の効いたピリ辛のソースをからめて頂きます。
B級グルメ的な存在ですが、一度騙されたと思って試して欲しいです。
けっこうハマりますよ。

次にご紹介するのは「天むす」です。
天むすは、全国的にもだいぶ広まっていて、天むすを提供する天ぷら屋さんや、天むす専門のおにぎり屋さんが、デパ地下などにあるようですが、それでも、なんで、天ぷらをお握りに入れるの?と不思議がられる人が、まだまだいるようです。

この天むすも名古屋が発祥のようです。
名古屋は名古屋城の金のシャチホコが有名ですが、エビフライやエビの天ぷらは、このシャチホコを彷彿させるんですよね。
豪華なシャチホコをお握り仕立てにして、気軽に頂けるメニュー。

大きなお握りではなく、小ぶりの一口サイズで、海苔を綺麗に巻いてあるのも、名古屋の天むすの特徴です。
小腹が空いたときに、ぜひどうぞ。

話題に出たところで、名古屋に来たら、お試しいただきたいのがジャンボなエビフライです。
名古屋といえば、エビフリャーと言う人もいらっしゃるくらい、隠れた人気の逸品です。

お店によっても違いますが、やはり、30センチクラスのジャンボなエビフライを提供しているお店を探して欲しいですね。
名古屋城の金のシャチホコもビックリの、堂々たるエビフライにガブリとかぶりついてください。