名古屋の三大名物料理。

gurume

名古屋には美味しいものがたくさんあるのですが、中でも3つを挙げるとすれば、ひつまぶし、味噌カツ、手羽先の唐揚げでしょうか!?
それぞれ伝統と、美味しい食べ方の流儀があったりします。

地元名古屋民として、ご紹介したいと思います。

ひつまぶしの食べ方

まず、ひつまぶし。
関東などでは、ウナギといえば、うな重やうな丼だそうですが、名古屋では、ひつまぶしです。
小さめに切ったウナギをご飯にまぶして頂くので、ひつまぶしと名がついたようです。

関東の方に聞くと、高級なウナギをご飯にまぶしてしまうなんてモッタイナイ、ウナギは蒲焼を豪快に乗せて、タレをたっぷりかけて食べるのが美味しいのだと言われますが、名古屋民からすれば、ウナギはやっぱり、ひつまぶし。
だって、3度美味しいのですから。

ひつまぶしには食べ方があります。
まずは、ご飯の上にたっぷりと刻まれたタレのしみ込んだウナギの蒲焼が出てきますので、それを、添えられたシャモジで十文字に分けます。
簡単にいえば、あらかじめ4等分しておくわけです。

そして、まずその1角をお茶碗にとって、そのまま味わいます。
これを個人的にはストレートと呼んでいます。

次は、2等分目を。
このさいは、薬味に添えられている刻みネギや三つ葉、海苔、ワサビを添えて食します。
タレの絡まった濃厚な味付けのウナギに、ネギや三つ葉のさっぱり感と、ワサビのツンとした感じ、日本人の大好きな海苔が相まって、新たな味わいで二杯目を楽しんでください。

そして、3等分目は、2杯目と同じように薬味を乗せたあと、お店によって違いますが、出されたお茶かだし汁をかけ、お茶漬けにして頂きます。
ウナギのお茶漬けなんて贅沢とよく言われますが、名古屋人は贅沢かつ豪快なのです。

最後の4等分目は、私のお楽しみ用にとっておいたもの。
気に入ったお好きな食べ方でどうぞ。

味噌カツ

味噌カツも全国的に有名になりました。
名古屋に来たら、これを食べないと帰れないと言う知人もいるほどです。

各とんかつ屋さんごとに厳選された肉厚の美味しい豚肉を、サクサクの衣でカラリ揚げた後、名古屋をはじめ尾張地方特有の濃厚な八丁味噌を使って味噌ダレで仕上げたトンカツです。

見た目がかなり黒くなるので、関東や関西の方には驚かれるのですが、色が濃いからといって必ずしも塩辛いわけではありません。
八丁味噌は、大豆のみを原料に作られる独特の味噌で、豆の味わいが堪能できる味噌です。

麹を使わず、大豆のみで、大豆をたっぷりと発酵させて作られるので、旨味成分が強く、この味噌を使って仕上げた味噌ダレのトンカツも、激ウマです。

トンカツに付けられる味噌汁も、当然ながら八丁味噌で作られた赤黒いお味噌汁です。
名古屋といえば、当たり前の味噌汁ですが、味噌カツも八丁味噌の味噌汁も、ご飯が進んで止まりませんので、食べ過ぎに気をつけてください。

手羽先

そして、これも人気の高い手羽先の唐揚げ。
名古屋の夜は、手羽先の唐揚げとビールと言うのが定番化しつつあります。
名古屋といえば、名古屋コーチンで知られるように、鶏料理も名古屋の定番です。

そこで生まれた庶民でもたんと楽しめる手羽先の唐揚げ。
カラリと香ばしく挙げられた手羽先の唐揚げは、何本でもいけてしまう美味しいおつまみです。

二大チェーン店が名を馳せていますが、お気に入りの味を見つけて欲しいですね。
ちなみに私は、お酒のお伴ではなく、ご飯のお伴派です。