うみゃーもん食べよ

日本にはおいしいものがたくさん

日本各地には美味しい食べ物がいっぱいありますよね。

例えば北の北海道においては、そこでとれたフレッシュな牛乳などを利用して多くの乳製品が作られたり或いは、それらを生かしたクリームを使い美味しい洋菓子などが人気です。
また海鮮ネタの多く入ったラーメンなども人気が高いですよね。

そして日本の南になりますと、ゴーヤを生かした料理であるとか豚足など北と南で大きく食べ物が変わっていると思います。

北と南では年間を通した気温や湿度など環境が大きく変わり、そこで収穫される農作物も大きく異なる事もあり食生活もそれに合わせた形で長い年月をかけながら作られてきていると思います。

そして日本のほぼ真ん中に位置している県と言いますと、愛知県になります。
ここにも美味しい物はありまして、例えばですが名古屋の人はエビフライが好きとよく言われますが、そのフライを生かしたおむすびがあり、それは天むすと言われるものです。

三角形の小さなおにぎりの中にエビ天が入っていて絶妙な塩加減でついつい何個も食べてしまいます。

名古屋の味噌文化

そして西の白味噌に対して愛知県は赤味噌を利用しているのです。

このお味噌を最初に見た方は泥水かと思えたと言われるほど個性的なのですがこれはなかなか美味しいのです。
そしてこのお味噌を利用した多くの食品があります。

例えば味噌煮込みうどんがありこれは冬場の名物なのですが太くてこしのある麺を利用していますので、多少煮過ぎてもうどんが柔らかくならない特徴を持たせています。

そして味噌カツがあります。
このカツには好みによりゴマをすったものを混ぜて風味を強くする事も出来ます。

またおでんについてもコンビニなどでは普通のだしですが地元の方は赤味噌を利用して作る方も多いのです。

そして忘れてはならないのが手羽先です。
これは手羽先をフライしてコショウや塩などのスパイスを利かせているものでビールのおつまみなどにも最適なものです。

そして、これを食べ出しますと本当に止まらなくなってしまいます。
この様な美味しい料理を通称、名古屋メシと呼んで慕われています。

愛知から日本全国へ

そしてこれらの食文化は愛知県内ばかりでなくて東京都内にもいくつかのお店がチェーン展開するなど大きな動きを見せています。

これから愛知は東京や大阪に負ける事無くこのような特徴のある食文化を他県や日本国内に広げていって、そして全国展開していくことになればとても嬉しいですよね。
何か美味しい物が無性に食べたくなる事がありますが、私達はこの食文化に恵まれた日本において、様々な地方の料理に触れて親しむ事でその地域に特有な食や文化に関する知見がどんどんと蓄積されてゆきます。

もしもこれまでに愛知県にきたことが無い人においては、是非一度赤味噌を製造するメーカーなどを訪れて頂き、その職人の世界を体験してみてください。

愛知県で美味しいもの(うみゃーもん)をたくさん食べていってもらい元気をつけてもらいたいと思います。