愛知の食は味が濃い!

濃い味を好む県民性

愛知県在住の女性です。
愛知の食は、他の地域からも、人気が高いようです。
特に、名古屋の食べ物はそうですね。
最近では、東京進出を果たしている名古屋のお店もありますし、「名古屋グルメ」や「名古屋メシ」などとも言われています。
そんな、名古屋を含む、愛知県の食の特徴は、味が濃いことではないかと思います。
たとえば、味噌も赤味噌で、白味噌よりも味が濃いです。
普段の食事で、それに慣れてしまっている為か、うちで先日、白味噌で味噌汁を作ったところ、「味がない!!」と、かなり不評でした。
こちらの地方では、赤味噌を使った料理も人気で、「味噌カツ」や「味噌おでん」は立派な名古屋グルメのひとつと言えます。

多分、こってりとした味、パンチが効いた味が好きな県民性なのだと思います。
その為、冷やし中華にも、マヨネーズを入れるのは、愛知県では当たり前です。
これも、普通のことだと思っていたのですが、他の地方の方に驚かれたり、他の地方のコンビニやスーパーで冷やし中華を買っても、マヨネーズが添付されていないということから、「愛知独特だったのか」と思い知りました。

台湾ラーメン

他には、辛いものも人気がありますね。
名古屋名物の手羽先も、かなり辛い味がします。
これに慣れてしまうと、また他の地方の手羽先の味が物足りなく感じてしまうんですよね。

そして、知人ぞ知る名古屋名物として、「台湾ラーメン」が挙げられます。
私もつい最近知ったことなのですが、台湾ラーメンって、名古屋が発祥の地なのだそうです。
これは、名古屋でお店を開いた台湾のかたが、台湾で食べられているラーメンをアレンジして激辛にしたのがその始まりなのだそうです。
なぜ、激辛にしてしまったのかは分かりませんが、これが結果的に大ヒットしているわけで、現在では台湾ラーメンが食べられるお店はいくつもありますが、
特にこのラーメンを開発した「味仙(みせん)」というお店は、他の地方からもお客さんが来る程の人気店です。
このお店は、中部国際空港(セントレア)にも入っていますので、機会があったら、是非立ち寄ってみて下さいね。

そして、先日、この中部国際空港に入っている味仙に、コイケヤとコラボしたオリジナルの「台湾ラーメンポテトチップス」が売られていました。
スーパーでは見かけたことがないので、もちろん買ってしまいました。
この他にも、名古屋を歩けば、色々な名物料理が食べられますよ。
うどんでは、平べったい独特のうどん「きしめん」が名物です。

また、やはり赤味噌をふんだんに使った「味噌煮込みうどん」も、名古屋名物として、とても人気が高いものです。
専門店もいくつかありますし、もちろん、きしめんの味噌煮込みうどんもあります。
名古屋の食の話が中心になってしまいましたが、このほかに、愛知県の三河地方では、うなぎが名物です。
三河産のうなぎは、人気が高いですし、高級店で出てくるうなぎは、三河産のものが多いようです。